3, 4, 5月限定 狂犬病ワクチン ¥2,000 キャンペーン

3, 4, 5月限定で 「混合ワクチン接種推進キャンペーン」として ¥2,000 (通常価格 ¥3,150) でご案内しております。

狂犬病ワクチンキャンペーン 2020

狂犬病予防注射は、狂犬病予防法という法律により接種が義務付けられています。
生後3ヶ月以降のすべての犬に接種が必要です。

現在日本では狂犬病の発生が50年以上(人では1956年、動物では1957年に猫での報告以降)ありませんが、海外では依然として感染の報告があります。厚生労働省ホームページ ⇨ https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou10/07.html
人も動物も感染する人獣共通感染症で、致死率100%という恐ろしい伝染病です。
海外から動物達の輸入は年々増加傾向にありますので、毎年しっかりと予防接種を受けるようにしてください。

しかし、体調不良や疾患の治療中の子達は、獣医師の判断で予防接種を猶予して良いという決まりがあり、ご不安な方は一度ご相談いただければ対応いたします。(狂犬病ワクチン猶予証明書を発行いたします(有料))

<注意事項>
※ワクチン接種が可能な状態かどうか診察を行いますので診察料は別途必要となります。
登録料が別途必要となります。(新規 ¥3,550 継続 ¥550)また登録料は現金のみでのお預かりとなります。
※登録代行料は無料といたします。代行内容は以下のとおりです。
1) 注射済証明書の役所への提出
2) “鑑札”(新規)や”狂犬病予防注射済票”(新規・継続)の受け取り
3) 後日来院時に鑑札や狂犬病予防注射済票を飼い主様へお渡し、またはご自宅への郵送